2019/08/08 21:15

紫外線に対するケアの必要性が強調されるようになってきました。


なぜ紫外線ケアをしなければならないのでしょうか。

夏に真っ黒の日焼けした子どもを見ると、健康的でいいと思う人が少なくないでしょう。

日焼けは健康にいいという価値観を持つ人もいますが、現在では、必ずしもその考え方は正しくないといいます。

紫外線が体にどういった作用をもたらすかがわかった以上は、女性がお肌を守るだけでなく、

幼児や子供を紫外線からガードすることを検討する必要が出てきているのです。

しみやしわがふえるばかりでなく、皮膚がん、白内障のリスクを高める恐れが紫外線にはあると言われています。

お肌の免疫が低下するため、感染症リスクも上がります。

紫外線が体に良くない影響を与えるということは、アメリカや、オーストラリアでは、早期から確認されています。

大人たちは普段の生活から気をつけて、子どもたちが小さい頃から、紫外線ケアを徹底しています。

日本では、まだまだ美容の観点から語られることが多く、紫外線に対する認識があまいと言えます。

紫外線ケアは、成人してからでいいというイメージを持つ人もいますが、

まだ小さいころから紫外線は意識しておくことが必要といえます。

小さいうちから、紫外線ケアを習慣づけておきましょう。

幼児のころからきちんと紫外線ケアをしておくことが、大きくなってからの美容や、

健康的な生活に大きく影響してくると言われています。

大きくなってから、紫外線による悪影響を被らないようにするために、

帽子、サングラス、日焼けどめクリームなどで、きちんと紫外線ケアをしておきくましょう。