2019/08/08 21:17

若返りに興味を持つ人は多いようです。


年齢と共に顔の容貌は少しずつ変化していきます。

若返りの有効な手法はないかと、色々探しているという人もたくさんいます。

顔を若返らせたいという人が若返りを実行する時は、どういったことが効果があるでしょう。

若返りのポイントは、目元と口元のケアです。目元と口元は顔を見る時に目がいくところで、

人と顔を合わせる時にはどうしても見られるポイントです。

目元や、口元をどのように変えるかで、顔の若返り効果を得ることができます。

口のまわりに関していえば、ほうれい線をどのようにケアするかが大事です。

ほうれい線は、人よっては年をとる前からくっきりとしている場合があります。

ほうれい線ができるのは、どのような仕組みなのでしょう。

顔には、皮膚を動かし表情をつくるための筋肉があります。

筋肉が年と共に弱くなると、皮膚が垂れ下がってたるみやほうれい線になります。

顔の皮膚を剥ぐと、その下は筋肉があります。

ただ、よく使う筋肉は全体の30%程度で、

残りの筋肉は力を加えられることは滅多になく、意識されることもありません。

使わない筋肉は衰えていくものなので、顔の筋肉も例外ではありません。

これが、皮膚がたるんでくる原因になります。

例えば、年齢を重ねるにつれて引き締まってた二の腕のたるみが目立つようになる人がいますが、

その原因は二の腕の筋肉が減ったことにあります。

もしも顔の若返りケアをしたいのであれば、顔の皮膚を筋肉でしっかりと支えていられるように、

顔の筋肉を鍛えることが重要になります。