にきび跡クレーターの予防について | JBCショップ

JBCショップ は、現在準備中です。

2019/08/08 21:33

にきび跡クレーターをつくらないためには、にきびをつくらないことが一番です。


毎日のスキンケアで肌を清潔に保ち、保湿をきちんとすることで肌の良い状態を維持しましょう。

にきびの症状は便秘がちな体質がマイナス要因ですので、にきび跡クレーターを防ぐには便秘解消も重要です。

毎日の生活習慣を見直し、健康にいい食事をすることで効果的なにきび対策ができるそうです。

もしもにきびができてしまったら、にきび跡がクレーターにならないように早い段階でケアをします。

にきび跡も残らず、クレーターにもなりませんので、軽い症状のうちににきびの治療をすることがおすすめです。

にきびの原因は皮膚の常在菌であるアクネ菌です。自宅でのケアでは、アクネ菌を殺菌するにきびケア用品を使います。

とにかくにきびを化膿させないことが、にきび跡クレーターをつくらないためには大事です。

スキンケア用品の中ににきびケア用が販売されていますので、是非活用しましょう。

症状の進み具合によっては、にきびの治療を皮膚科でしてもらいます。

にきび治療に有効な飲み薬や塗り薬を出してもらうのがおすすめです。

にきびができても、手で無闇に触ったり、潰して膿を出そうとはしないようにしましょう。

にきびがもっと悪化してにきび跡やクレーターができてしまうのは、にきびを潰すことで皮膚が傷ついてしまうからです。