2019/08/08 21:34

にきび跡は、治ってからも赤みが引かないことがあり、こうなると家庭でのスキンケアでは改善が困難です。


にきび跡の赤み対策をするには、原因を知っておかなければなりません。

にきび跡が赤みになる理由は、複数存在しているようです。

にきびの化膿や、赤にきびになったことが肌にダメージを与え、にきび跡の赤みを残すことがあります。

にきび跡は、肌を損傷するほど悪くなった時に、できやすいものです。

一見してにきびがなくなったように見えても、にきび跡として赤みがある時には、

未だにきびの炎症が引いていないことがあります。

化膿したにきびや、赤ニキビの場合、見た目以上に皮膚の深層にまで影響していることがあります。

表面だけが治っていて、皮膚の奥の炎症が治っていない場合があるのです。

にきび跡の赤みは、表層からは見えない肌トラブルである場合があります。

にきび跡による肌の赤みには、肌トラブルで血行が悪くなった部分に、

血の流れが悪くなったことが原因なこともあります。

お肌ににきびができたために、皮膚が生成したメラニン色素が、赤みとして皮膚に沈着していることもあります。

にきび跡の赤みができる理由はいくつかありますので、なぜ自分の肌に赤みがあるかを調べることが対策の一歩です。