2019/08/08 21:43

メイク落としに用いるクレンジング剤には、オイルタイプの他、ジェル、リキッド、ミルクなどがあります。


それぞれクレンジングには特徴があるので、商品選びの時には考慮するといいでしょう。

自分の肌質やメイクの状態などによってクレンジングを使い分けることで、より効果的にメイクを落とすことができます。

皮膚への刺激が少ないものを選ぶなら、ミルクタイプのクレンジングです。

ミルクタイプのクレンジングはオイルタイプやリキッドタイプに比べると、油分や界面活性剤などの量が少なめになっています。

ミルククレンジングの特徴は、洗い落とす力はさほど強くないものの、

皮膚への負荷が少なく、肌トラブルの心配が少ないことがあります。

普段はナチュラルメイクをしているといった、控え目なメイクをしている人にお勧めのクレンジングです。

肌荒れがしやすい人、敏感肌の人は、皮膚への刺激の少ないミルククレンジングを使うといいでしょう。

メイクが崩れないようにしっかりとしたメイクをしている時には、

洗浄力が不十分なのでオイルタイプやリキッドタイプを選ぶ方が良さそうです。

ベースになるメイクは意図的に薄くしており、アイメイクや、

口紅は濃い目のものを使っているという方もいるのではないでしょうか。

そういった時には、アイメイクやリップメイクは専用のリムーバーを利用すると、

落ちにくいアイメイクやリップメイクが落としやすくなります。

アイメイクや、リップメイクが濃いからと、

顔全体に洗浄力の強いクレンジング剤を使うと皮膚に負担が大きくなってしまうので、

部位別にクレンジングをするのも賢い方法です。