自宅で誰でも簡単にできる小顔になる方法とは | JBCショップ

JBCショップ は、現在準備中です。

2019/08/08 21:56

小顔になりたいという強い願いがあって、そのために努力をしている方は少なくないはずです。


けれども、いくつかの方法を実践しているにもかかわらず、小顔になれないでいるという人がいます。

美しくなるために小顔術にトライしている人が、把握しておくべき事柄があります。

骨の形状や、皮下脂肪の状態、むくみやすいかどうかで、顔の大きさは左右されています。

骨を削る小顔法もありますが、リスクと費用がネックです。

ホームケアで皮下脂肪やむくみを減らせば、その分だけ小顔になれるでしょう。

顔にむくみができる原因は、いらない老廃物や水分によるものです。

脚がむくんでパンパンになった経験を持つ方はいると思いますが、顔もむくむとパンパンになります。

顔のむくみは、リンパマッサージなどで代謝を良くすると、解消できます。

顎から耳の下、鎖骨にかけてのリンパ腺に指圧をかけましょう。

タオルを温めて、顔全体に乗せて皮膚を温めることで、血管が拡張して血液が流れやすくなり、

顔に留まっていた老廃物か出ていきやすくなります。

顔に皮下脂肪があることがサイズアップの原因なら、運動をして脂肪を燃やせば顔も小さくなります。

身体に蓄積している脂肪を使うには、ウォーキングやランニングなどの有酸素運動が適しています。

小顔になるためには、顔のマッサージをしてむくみがちな皮膚の血流を良くしながら、

運動も取り入れて脂肪を積極的に使っていくといいでしょう。