2019/08/08 21:57

肌トラブルに悩む女性の中には、日々の生活を改善しても、お肌にいいものを食べても、


スキンケアをしていても美肌になれないという方がいます。

肌に合わない化粧品を使っているのかもと考える人もいますが、スキンケアの方法が違っているかもしれません。

皮膚は見た目の印象以上に繊細で刺激に弱くできていますので、

美肌を目指すなら肌を優しく扱うことがまず前提になります。

肌のデリケートさは知っているつものでも、実際の洗顔ケアでは、肌への負担が大きすぎる可能性もあります。

正しいと思って実践していたスキンケアの方法が誤っていることもあります。

たるみや小じわを改善して美肌になりたくて、つい上に引っ張りすぎていたり、

しわを伸ばそうと力を入れていることがよくあります。

スキンケアを行う時には、皮膚は摩擦などの刺激に弱いことを念頭に置いた上で、優しく扱うよう心がけてください。

スキンケアをする時には、皮膚の表面をそっと撫でるくらいの感覚で、スキンケア用品を塗り伸ばしていきます。

肌の表面に触れる時には、豆腐の表面に触れるくらいの心づもりで、細心の注意を払うことです。

油分や水分が混じった分泌液が毛穴から出ることで、肌は外界の乾燥や刺激が届かないようにしています。

肌荒れやにきびなどが起きないようにするには、

肌のバリア機能を損ねないように、こすらないスキンケアをしましょう。

美肌になるためには、肌をいたわりながら優しく丁寧なケアが一番重要で、

刺激を与えないということに注力しましょう。