ヒアルロン酸注入による豊胸のデメリット | JBCショップ

JBCショップ は、現在準備中です。

2019/08/08 22:01

ヒアルロン酸注入による豊胸は、体にも負担が少なく、


日帰りでできるプチ豊胸として人気がありますがデメリットはあるのでしょうか。

人体では一定量のヒアルロン酸が生成されていますので、外部からヒアルロン酸を注入しても拒否反応は少ないですが、

皆無というわけではありません。

一時的にヒアルロン酸に対する拒否反応が起こることがありますので、

何か違和感があった場合には、すぐ医師に相談しましょう。

異物の侵入を関知した体は、時間をかけてヒアルロン酸を分解し、水の状態に戻して体から出そうとするでしょう。

ただし、ヒアルロン酸を注入してバストアップをした場合、一定の時間が経過すると豊胸効果は失われます。

体の中で、ヒアルロン酸が吸収されるまで2、3年かかります。粒子の細かいものだと1~2年だそうです。

ヒアルロン酸が吸収され、豊胸効果が失われてしまった場合は、

再び同じ手術をして、ヒアルロン酸を注入する必要があります。

副作用はほとんどありませんが、

費用はかかってしまいますのでよく理解したうえでヒアルロン酸注入による豊胸手術を受けることが大切です。

たくさんの豊胸手術を行っており、

実績を積み重ねているクリニックの医師であるかどうかで、豊胸術の技術の程度は違います。

医師が適切な判断をして、ヒアルロン酸をどこにどのくらい注射すればいいかが正しければ、

きれいなバストになります。

ヒアルロン酸を注入することで得られる豊胸効果は、いい面もありますが、

注意しなければならないこともありますので、事前に情報を確認しておくことが大事です。