2019/08/08 22:14

顔にシミがあると、それだけで実年齢よりもずっと年をとって見えてしまいます。


女性なら誰でも気になる顔のシミですが、どうして出来てしまうのでしょうか。

顔のシミというのは、いろいろな原因が考えられます。

紫外線を浴び過ぎた場合や、加齢によるターンオーバーなどの皮膚再生能力の低下によって顔のシミは出来てしまいます。

煙草の吸いすぎやストレス、睡眠不足、過剰労働などによっても、活性酸素の作用で皮膚の再生スピードが低下します。

ホルモンの分泌量が少なくなったために、シミが目立つこともあります。

四肢の冷えなどで新陳代謝が下がり、ターンオーバーが低下してシミになったりします。

ニキビの痕跡や傷に色素が沈着したり、顔を洗う時に皮膚をこすりすぎたせいということもあります。

顔のシミというのは様々な原因によって起こりますが、

に紫外線による顔のシミは普段の生活から特に気をつけなくてはいけません。

普段から紫外線の予防をきちんとしないと、後々になって顔のシミがたくさん出てきたなんて事になりかねません。

紫外線にさらされた肌はシミが増えるだけでなく、乾燥もしやすくなります。

皮膚は乾燥が進むと外界からの刺激に弱くなり、かゆみを感じやすくなったり、粉を吹いたような状態になったりします。

顔のほうれい線がくっきりとしてきたり、目尻のシワがはっきりしてきたりということも、シミの他に起こりえます。