脂肪が原因で顔が大きく見える場合には運動による顔やせを | JBCショップ

2019/08/08 22:16

顔やせを成功させたい場合は、まず、自分の顔が大きく見える要因が何かを突き止める必要があります。


仮に、脂肪が多すぎて顔が大きくなっているなら、ダイエットで体脂肪を燃やす必要があります。

顔の脂肪だけを減らすことは困難なので、全身のダイエットをして顔の脂肪も減らすようにします。

そのため、顔やせをするためには全身の脂肪を落とすようなダイエットが必要になります。

ダイエットには色々なやり方がありますが、基本的な手段としては、運動量を増やすことです。

健康的なダイエットをするなら、食事は減らし過ぎず、体が必要とする分は摂取しましょう。

摂取カロリー量が少ないと、エネルギー源として筋肉を消費することになるので、

代謝が下がって脂肪が燃えにくい体になります。

運動をすれば体の各部位に筋肉がつき、エネルギーを燃やしやすい体になってダイエットがスムーズになります。

顔やせ効果を求めて運動量を増やすなら、無酸素運動よりは、有酸素運動のほうが適しています。

有酸素運動とは、酸素を使って糖や脂肪をエネルギーに変える運動のことで、

ウォーキング、水泳、ジョギングなどが当てはまります。

有酸素運動は1日30分以上を目安に続けることで、体脂肪の燃焼を促進することが可能です。

いつも楽しみながら続けられるような運動を選べば、

一カ月でも二カ月でも苦にせずにダイエット運動が継続できるでしょう。