視力回復に効果のあるトレーニング方法とは | JBCショップ

2019/08/08 22:34

視力回復の手段として、多くの人が連想するのは、レーシック手術などではないでしょうか。


近年では、トレーニングをして、視力の回復を促すというやり方もあるといいます。

視力が低下する理由は様々なものがありますが、その中の一つに、視神経や目の筋肉の衰えがあります。

視力を回復する手段に、そのような目の筋肉や視神経の回復を促進するというやり方があるといいます。

人の目は、瞳孔を大きくしたり、小さくすることによって、水晶体の部分で目で見たものをくっきり見るようにしています。

ピントを調整する時に使うのが、毛様体筋であり、この部分の筋肉が疲れていると、

肩こりと同じように固くなり、動きが悪くなってしまいます。

目をたくさん使って眼精疲労が起きていると、目の周囲の筋肉の代謝が悪くなって、

思うように目のピントが合わなくなるという仕組みです。

眼球で捉えたものが、水晶体の部分でしっかりと像になるためには、

毛様体筋が瞳孔の大きさを適正な調節できるようにすることです。

視力回復手段として、毛様体筋のまわりを強化することは、

十分に効果が期待できるものであるということができます。

毛様体筋を使うことをするには、遠近トレーニング法がおすすめです。

遠くと近くを、何秒おきかに見ることで、目の筋肉を鍛えるというものです。

遠近トレーニングをすることは、視力の回復を促すだけでく、目が疲れているという人にも効果が期待できます。

視力回復トレーニングは、自宅や会社で簡単にできる方法なので、

目が疲れたり、視力が落ちてきたと感じる人は、一度試してみてはいかがでしょうか。