2019/08/08 22:56

美容皮膚科的治療方法による若返り治療についてです。


美容皮膚科では、ちりめん状にできるしわや小じわを消す治療ができます。

大きなしわは美容皮膚科ではなく、美容外科に行く必要があります。

治療方法の一つに、皮膚の表面を新しく再生させるスキンリサーフェシングという方法があります。

古い皮膚を削ぎ落とす方法もあります。削る方法としては、

アブレージョンといい電気やすりで削る方法、レーザーで削る方法があります。

酸性の薬液で皮膚の表面を溶かすという、ケミカルピーリングもあります。

多少時間はかかりますが、レチノイン酸という外用剤で治す方法もあります。

白かった肌が黄色みを帯びてきて、皮膚はたるみがふえてしわが目立つようになり、

しみが大きくなるのが年を取った人間の肌です。

しみと一口に言ってもいろいろありますが、

盛り上がってきたものは液体窒素やレーザーなどの若返り治療できれいに治すことができます。

レチノイン酸は、盛りあがっていない普通のしみ消し治療に有効です。

ハイドロキノンやコウジ酸などの漂白作用のある外用剤を併用して色素沈着をとり、若返り治療を施します。

老人性肝班がしみの原因である場合、若返り治療にレーザー施術を行うこともあります。