2019/08/10 22:59

多くの人がアンチエイジングによってお肌の若返りをしたいと考えています。


加齢と共にお肌にはしみやしわが増え、乾燥が進んでカサカサになり肌は荒れてしまいがちです。

アンチエイジングは若返りというよりも、年齢による肌の変化をできるだけくい止めるのが目的です。

紫外線による光老化は、肌の老化の影響の中でも重大なものです。

紫外線はお肌にハリを与え、弾力を保っているコラーゲンを破壊し、肌の乾燥を進めます。

コラーゲンの減少は年齢が進むとともに減少するものですが、急に少なくなっていくのが40代から50代にかけてです。

今までよりも肌の老化がはっきりしてきます。

理想なのは若いうちからアンチエイジングをしておくことで、

老化が見えてからでも不可能ではありませんがそのほうが効果があります。

目に見えるようになる前から、老化による皮膚の変化は少しずつ蓄積されているためです。

急に顔が老けてきたと感じたり、化粧のノリが悪くなったように感じるかもしれませんが、

実はもっと早くから肌老化の前兆があったはずです。

よく耳にするのが若返りとか、アンチエイジングとかいう言葉ですが、急激な若返りが実際にできことはあり得ません。

美肌に良い栄養成分を普段の食事で摂取して、十分な睡眠をとりましょう。

若返り効果としてのアンチエイジングは、

加齢による影響をビタミンCを補って紫外線から身を守ることで制御することで手に入れることができるでしょう。