メタボリック症候群を予防する食事 | JBCショップ

2019/08/10 23:01

食事でメタボリック症候群を予防することは可能でしょうか。


メタボリック症候群の危険性が周知されてきています。

現在の体重の5%を、3~6カ月で減らすことによって、メタボリック症候群の予防が可能です。

食事の量は、1日で使うカロリー量を越えない分量を設定するようにしていきましょう。

体に必要な栄養の量を考えながら、適量の食事にすることが重要です。

内臓脂肪を増やす原因になる、間食や、ドカ食い、早食いはやめましょう。

メタボリック症候群は、軽度から、中等度の肥満体型の人が診断されやすいといいます。

1日1200kcal~1800kcalを目標にして、食事の量を調節していくことです。

メタボリック症候群の予防では、食事は少なくしすぎない方が効果があるようです。

運動をして、カロリーの消費量を増やしましょう。

食事を見直してメタボリック症候群の予防にするという方法はとても有効ですが、

栄養バランスを考えないと、逆に体によくない食事になってしまいます。

食事バランスガイドを確認しながら、どんな食べ物を必要としていたか、

肥満になりやすい習慣を未だに持っているかも大事なことです。

ただ食事の分量を少なくするのではなくて、

規則正しく三度三度の食事ができるようにこともメタボリック症候群の予防です。

食事の時は、口に入れたものをゆっくりとよく噛んで食べることで、腹八分目で満足できます。

寝る3時間前には飲み食いしないし、メタボリック症候群の予防を実践するためには、ごく自然なことだと言います。