ヒアルロン酸注入によって起こり得る副作用 | JBCショップ

JBCショップ は、現在準備中です。

2019/08/10 23:24

お肌のたるみ改善や、鼻の高さを増やしたいという人の間で、ヒアルロン酸の注入手術が注目されています。


自力でのスキンケアではうまくいかないけれど、皮膚にメスを入れたくはないと考えている人におすすめです。

ヒアルロン酸の注入施術をうけたいけれど、副作用が起きるかもしれないことが怖いという人もいます。

起こりえると考えられているヒアルロン酸注入の副作用とは、一体何でしょう。

ヒアルロン酸はもともと体内にある物質なので、人体に悪影響を及ぼすことはほとんどありません。

しかし、ヒアルロン酸を注入することで、内出血が起きたり、皮膚が腫れる可能性があります。

ヒアルロン酸を注入する時に細かい血管を傷つけることで起きますが、

メイクでカムフラージュ可能ですし、1週間くらいでおさまります。

皮膚にヒアルロン酸を注入すると、その場所だけ盛り上がって、皮膚の自然なふっくら感が出せないということもあります。

マッサージケアをして、ヒアルロン酸の出っぱった部分をへこませたり、溶解液を注射するといった手法があります。

1カ所にたびたびヒアルロン酸を注入していると、皮膚にしこりが残る可能性があるため、

様子を見ながら施術を決める必要があります。

血管が圧迫されることで血流障害が起こる可能性があります。

ヒアルロン酸の注入は安全に受けることができますが、副作用が発生するリスクが0ではありませんので、

事前に注意点について把握しておくようにしましょう。