にきび痕の治療方法 | JBCショップ

JBCショップ は、現在準備中です。

2019/08/10 23:25

にきび痕ができた場合、もととなったにきびの状態によって、どんなにきび痕かが違います。


同じにきびでも痕の状態には様々なものがあり、その違いについても理解しておくことをおすすめします。

美白ローションを使ったにきび痕ケアが効果があるのは、皮膚のへこみはないけれど、

色素が沈着しているというにきび痕に適しています。

ローションをつけるだけの処置でも、肌表面にできた色素沈着は徐々にうすくなっていきます。

イオン導入や、ケミカルピーリングでお肌をケアすることも、にきび痕に対しては効果があるようです。

ケミカルピーリングや、イオン導入は肌の再生を促進する作用がありますので、にきび痕がだんだん小さくなります。

何度か繰り返してケミカルピーリングなどのケアをしていくことで、にきび痕のほか、

数々の肌トラブルに対して効果を発揮すると言われています。

クレーター状になったにきび痕の場合は、皮膚組織が壊れてしまっているので、

ローションを塗る程度の方法では、改善は見込めません。

にきびができた時に、コラーゲンの繊維がその状態でもつれて固くなっているので、

ちょっとしたスキンケアでは元に戻りません。

クレーター状になってしまった肌を改善することで、元のきれいな状態に戻すことができます。

お肌の表面をなめらかにする方法としては、フォトフェイシャルやレーザー照射などがあります。

自力では何ともできないようなにきび痕もありますので、

そういう場合は皮膚科の診察をうけて、適切な治療をしてもらうといいでしょう。