2019/08/10 23:33

多くの人が、目元ケアを行って目の周囲に小じわができないようにしているようです。


目元のケアのコツのひとつにクレンジングをしっかり行うことがあげられます。

クレンジング剤は肌に合うものを選ぶことがポイントになります。

オイルクレンジングは、汚れ落ちはいいですが、肌の乾燥が促進されます。

乾燥肌の人はジェルやミルクタイプのクレンジング剤のほうが目元ケアのためにもおすすめです。

洗い流さずとも、コットン型の振り取りクレンジングもありますが、肌をこすりすぎてしまうこともあります。

肌への刺激が少ないクレンジング剤を使うようにしましょう。

目の周囲は薄くて弱い皮膚なので、こすりすぎるとシワやシミができやすくなります。

目元専用のクレンジング剤もあるので、アイメイクは丁寧に落とすことは目元ケアのコツです。

マスカラなどが残っていると皮膚に色素が沈着してシミができてしまう場合があります。

目元ケアのためにもアイメイクはきれいに落としておきましょう。

クレンジング剤の量を惜しんでメイク落としをしていると、

クレンジング剤が足りずに指と顔の皮膚に摩擦が生じて皮膚を傷めることもあります。

少し多めの量のクレンジング剤を使ってメイクを落とすようにします。

目元に小じわやたるみを増やさないためには、クレンジングケアの際に目の回りの皮膚に負担をかけないことです。