ウエストのくびれを作るためにはひねる動作を意識することがポイント | JBCショップ

JBCショップ は、現在準備中です。

2019/08/10 23:42

体重を減らさなければ、ウエストのくびれはできないと考えている人は多いようです。


しかし、体重を落とさなくてもウエストをくびれさせることはできます。

腹斜筋という腰にある筋肉を鍛えることで、ウエストのくびれが際立つようになります。

ウエストくびれのために腹筋運動をする人がいますが、腹筋運動は腹直筋を鍛える運動なのでくびれに結びつきません。

上半身を左右にひねると、腹斜筋が伸縮します。体に対して斜めに接続している腰まわりの筋肉です。

ウエストくびれを体感できるようにするには、毎日続けて実践することです。

運動をする時間を決め、実行する習慣をつけることも重要ですが、日々の生活の中でも筋肉の強化は可能です。

日常生活でも腰をひねる動作を意識することで、くびれを作るトレーニングになります。

健康やダイエットのためにウォーキングをしている人も多いですが、

その時にウエストひねりの動作をプラスするのもいい方法です。

腰をひねりながら歩くと不格好になってしまう可能性もありますが、

腕をちょっと後ろに引くと腰が自然に前に出てひねりやすくなります。

美しいボディラインを自分のものにするには、適度にウエストがくびれていることが理想的です。

腹筋運動は効率が今一つですので、上半身のひねりによる腹斜筋の効率的な筋トレで、ウエストくびれを実現させましょう。