ボトックス注射で小顔になる方法 | JBCショップ

JBCショップ は、現在準備中です。

2019/08/10 23:49

ボトックス注射で小顔になれるという美容方法が関心を集めています。


ボトックス注射とは、ボツリヌス菌から抽出されたたんぱく質の一種で、筋肉に作用してその動きを麻痺させる効果があります。

笑い顔や、しかめつらがくせになっていると、その表情でできるしわができやすくなります。

ボトックス注射は、眉間のしわや、目もとのしわを、筋肉を動かさないことで軽減させます。

小顔効果を得るために、ボトックス注射をちるという人もいます。

咬筋という筋肉は、口の中のものを咀嚼するために用います。

えらの張った顔立ちになるのは、この咬筋が強いためだといいます。

ボトックス注射をすることで筋肉を委縮させ、えらを目立たないようにして、小顔に見せることができるのです。

施術後のダウンタイムが短くその日のうちに化粧や入浴が可能なところも、多くの人が気軽にボトックス注射を行う理由の一つです。

ただし、ボトックス注射を注射することで、表情変化が少なくなったり、まぶたが下がりやすくなる人がいます。

小顔になるためにボトックス注射をしてもらう場合、どの施設を利用するかを、情報収集をしながらよく考えることが大事です。

ボトックス注射注射の効果は有限ですので、
ずっと小顔でい続けるためには継続的にボトックス注射を行う必要があることも、知っておくべきことです。