2019/08/10 23:51

クレンジングジェルを使って化粧汚れを落とすと、洗い終わった時の肌の感触がさっぱりしていてとてもいいといいます。


クレンジングジェルも様々な種類がありますが、どんな基準でクレンジングジェルを選ぶべきでしょう。

含有成分に界面活性剤が使われているクレンジングジェルがあります。

洗浄効果はとても高いですが、もともと肌が必要としている皮脂汚れまでも落ちてしまうことがあります。

皮膚の防衛能力が弱体化してしまいます。

汚れ落ちが強すぎるクレンジングジェルを使わないようにするためには、水溶性高分子を配合したクレンジングジェルがいいでしょう。

保湿効果が高いため、クレンジングジェルは洗顔後のツッパリ感が少ないですが、
洗い落とす力が強くなりすぎると肌のつっぱり感がどうしても出てきます。

肌本来の油分を除去してしまうことがないような商品を選ぶことが大事です。

ジェル状のクレンジング剤は、オイル状やクリーム状のものほど肌に残らず、水で十分に洗い流せた感覚が持てます。

いつまでもすすぎに時間がかかるものでは、ジェルにした意味がありません。

水で手軽にすすげるタイプのクレンジングジェルが好ましいでしょう。

日々化粧落としに使うことになるクレンジングジェルですので、肌との相性がいい洗いやすいものにしたいものです。