2019/08/10 23:59

最近は、UV加工を施した上着や帽子が登場しており、紫外線から皮膚を守りやすくなってきています。


短時間の外出でも紫外線の影響は大きいですから、できるだけ日やけ止めクリームをつけるようにします。

日焼け止めクリームの中でも、紫外線カット効果の違いがあるので、よく確認してから購入しましょう。

日やけ止めクリームは、長時間の外出か、太陽光がつよい日か、運動量はどの程度かなどで、ぴったり合うものが違います。

紫外線カットの効果が長続きするものもありますが、汗などで流れてしまう場合は、こまめに日焼け止めクリームを塗るようにします。

紫外線から体を守るものは、日やけ止めクリームだけではありません。

UVカット加工が施されているサングラスや、帽子なども活用するといいでしょう。

目が紫外線のせいでダメージを受けることがないように、つば広の帽子をかぶったり、UVカットされたメガネをつけましょう。

目は、紫外線の作用で機能を損ないやすい場所なので、注意が必要です。

それほど日差しが強くない日でも、晴れた日には目の保護のためにも、サングラスを利用するのも良い方法です。

UVカット加工が施された衣服や帽子を使うことも、紫外線対策になります。

特に日焼けなどで肌ダメージが強く出やすい場合は、できるだけ素肌を出さないようにしましょう。

強烈な紫外線が地表に降り注いでいるという日は、できるだけ紫外線を遮る服装をしましょう。