2019/08/11 00:05

紫外線の影響が大きくならないように、目やお肌をガードするにはどうすればいいでしょう。


春先から夏の盛りは、紫外線が最も強くなる季節ですが、1年間ずっと紫外線予防をするようにしましょう。

強烈な紫外線が皮膚に到達すると、色素が沈着してシミができたり、しわが目立ったりします。

紫外線が要因となって皮膚がんの症状を引き起こすこともあるといいますので、紫外線対策はとても大事です。

多くの人が、お肌が紫外線の影響を受けないように、日やけ止めクリームを使っています。

日焼け止めには種類があり、SPFやPAといったアルファベットによる表示がされています。

SPFは、紫外線B波から皮膚をガードする指数で、肌のシミやそばかすに対する予防効果があります。

日焼けの症状で皮膚が赤く腫れやすいという人は、SPFの大きいものを選ぶといいでしょう。

日焼けをすると皮膚が黒く焼けたり、皮膚がカサカサに乾燥する場合は、PAの高いものが向いています。

UVカット効果が99%にもなっているような帽子も販売されていますので、紫外線対策にぴったりです。

頭皮や頭髪は、紫外線が直接降り注ぐ場所で、意外と日焼けをしている部位です。

つばの広い帽子は首周りも遮光してくれますので、日焼け止めと併用するとより紫外線カット効果が高まります。