2019/08/11 00:16

円形脱毛症の患者は大人ばかりでなく、子どもでも円形脱毛症になる場合があります。


子どもの円形脱毛症は治りにくいことが多いようですが、焦らず治療を受けることが大切です。

子ども自身、髪が抜けることでびっくりして、思い悩んでしまいがちですので、親や家族が子どもの理解者になってあげましょう。

1回きりの円形脱毛症であれば、1年ほど治療をすれば、元通りの状態に戻ることができます。

繰り返し円形脱毛症になる場合は、完治までに10年かかることもあります。

家族で支えあって、コツコツと治していきましょう。

幼いころの円形脱毛症は、ストレスが関係していることが少なくありません。

薬での治療だけでなく、ストレスを減らすことも大事です。

ストレスの原因がはっきり分かっている場合にはそれを取り除く努力をしましょう。

幼児期の場合には自分の気持ちをうまく言葉にできないので、ストレスの原因がわからないこともよくあります。

手のかからない子でいるために、自分の要求を言わない子どももいます。

教師や、スクールカウンセラーと相談をして、子どもの置かれている環境について知ることも大事になってきます。

子どもが円形脱毛症になると、親のほうが神経質になってしまうこともありますが、
家族が一丸となって問題に取り組むことが大事になります。

結果を急がないで、確実な治療を心がけることが、子供の円形脱毛症には大事です。