ヒアルロン酸とコラーゲンの美容成分としての働きとは | JBCショップ

JBCショップ は、現在準備中です。

2019/08/11 00:20

肌を美しく保つにはコラーゲンやヒアルロン酸が不足しないようにケアする必要がありますが、

この成分はそれぞれ違った役割を担っています。

ヒアルロン酸もコラーゲンも化粧品として、肌の外から与えた場合には保湿作用を発揮します。

ヒアルロン酸は、肌の水分をキープする機能を持っています。

また、化粧品に含まれているコラーゲンも、保湿のために利用されています。

肌に塗るだけでなく、摂取して身体の中から美旗効果を高める成分としても利用されています。

口から有効成分を取り入れられるように、ヒアルロン酸やコラーゲンのサプリメントを使っている人もいます。

サプリメントでヒアルロン酸を摂取することで、乾燥していない肌細胞を作り出すことが可能です。

サプリメントを活用することで、普段の食事で確保しておきたいけれどうまくいかないヒアルロン酸を、手軽に飲むことができます。

コラーゲンを摂取しても効果が無いとも言われてきましたが、
低分子化されたコラーゲンペプチドを摂取すれば、肌の水分量やハリが高まることが期待できます。

サプリメントなどでコラーゲンペプチドを体内に取り入れることで、
コラーゲンをつくる繊維芽細胞の働きが活発になると考えられています。

美肌のためにサプリメントを使用するという時は、コラーゲンペプチドを摂取できるものがお勧めです。

もしもコラーゲンのサプリメントを選ぶなら、高分子のままのコラーゲンでなく、低分子状態にしてあるコラーゲンを選択してください。

ヒアルロン酸と、コラーゲンはそれぞれ肌に及ぼす影響が異なっていますので、どんな効果か認識しながら利用することが肝心です。