顔のたるみの原因 | JBCショップ

JBCショップ は、現在準備中です。

2019/08/11 22:50

加齢と共に、徐々に顔のたるみは目立つようになりますが、顔の皮膚がたるむと、


急激老けこんだように見えるものです。

若いころはたるみが起こらなかったのに年をとると重力に負けてしまいます。

皮膚にコラーゲンが多く含まれていると、肌はハリのある状態が保てます。

皮膚に十分なコラーゲンが存在していれば、

肌そのものがハリを持ちますので、下向きに引っ張られてもたるみません。

皮膚のたるみが目立つようになるのは、紫外線やストレスでコラーゲンが失われるためです。

顔にたるみがふえるのは、表情筋の衰えも罹っています。

笑ったり、怒ったり、悲しんだりする人の表情は、表情筋のなせるわざです。

笑い顔をつくるときの表情筋の動きは、他の表情より大きいといいます。

表情筋も、コラーゲンのように年を取ると低下します。

表情が硬くあまり笑わない人は表情筋の老化を早め、顔のたるみの原因となるでしょう。

顔のたるみは、毎日の意識していないほどの癖によってできることもあります。

頬を手の上に乗せて頬杖の姿勢をとることが多い人は、手のひらと頬との摩擦や圧力がたるみになることがあります。

この他、顔のたるみに気をつけたほうがいい癖には、眉間のタテジワや、への字の口があります。

口角をわずかに上げて、笑顔を浮かべているように見せることによって、顔のたるみ効果が期待できます。