2019/08/11 22:54

目尻の下にしわが出来ると、老けた印象になるので、見つけるとショックを受けます。


一旦できてしまった目尻のしわを目立たなくするには、お肌の保湿力を回復させることです。

肌が乾燥するとしわができやすくなりますので、肌を乾燥から守るようにケアをしてみてください。

毎日しっかりとケアをして、肌の乾燥を予防していれば、目尻のしわは出来にくくなります。

目元の血流を良くすることも、しわの予防には効果があるので、目元のマッサージや温める事も良い方法です。

温かいタオルを目にしばらくあてることで、血液の流れがスムーズになり、しわ解消にも有効です。

目の下のくぼみを指で優しく押してマッサージすることで、さらに血流を良くすることが出来ます。

しわを減らし、目元をすっきりさせるためにマッサージをするなら、

強くこすって皮膚にダメージを与えないように注意してください。

紫外線からお肌をガードすることも、目元のしわを増やさないためには大事になります。

紫外線を浴びるとしわだけでなく、シミやそばかすの原因になってしまうので、しっかりと予防することが必要です。

目尻のしわを予防するために、日焼け止めを塗ることや日傘の使用など、外出時には怠らないようにしましょう。

普段からしっかりスキンケアをして、紫外線から肌を守れるよう意識することが、目尻のしわ対策になります。