2019/08/11 23:30

小顔の女性はそれだけで美人の条件を備えているように見えます。


しかし、小顔はなろうと思ってなれるものではないので、今の顔のサイズを受け入れるしかないと考えられがちです。

骨組みによって顔の形には差が出ますが、人間の骨の形はおおよそ同じようなものですので、

見た目だけで違いを感じるほどではありません。

小顔の理由は骨格だけでなく、皮下脂肪が多くついているかや、顔がむくみやすいか、髪型はどうかなどで左右されるものです。

小顔になるためには、就寝前に水分をたくさん摂りすぎないようにすることです。

小顔づくりの大敵はむくみであり、顔にむくみがあるとどうしても小顔に近づくことはできません。

顔は特に水分が滞りやすいので、リンパマッサージをすることは、かなり効果的な小顔になれる方法と言えます。

むくみがあるという意識がなくても、顔に水分が留まってむくんでいることがあります。

リンパマッサージをすると、いらない水分が顔から出ていくことで、肌が引き締まったように感じられます。

顔のリンパマッサージでは、リンパ腺の流れを良くするだけでなく、

血流を改善することで皮下脂肪の燃焼を促進することも可能になるようです。

顔の中でも、特に顎や頬は皮下脂肪が蓄積しやすい部分です。

フェイスマッサージを行う時には頬や顎の部分を特に注意して揉みほぐし、こわばりをほぐしていきましょう。

顔面のエクササイズも、皮下脂肪の燃焼を促進し、小顔効果を高める作用があります。

アイウエオの順に口を大きくあけて発音をすることで、口の周囲の筋肉を鍛えることができます。

これらの小顔に効く方法を組み合わせて行うことで、小顔を手に入れることができます。