2019/08/11 23:54

肌が乾燥しているとキメが粗く色ツヤが悪くなり、くすんで見えるようになってしまうので、事前に対策しておくことが大切です。


肌の水分が不足して乾燥気味になっていると、日焼けしやすい状態になっており、シミやそばかすが出来る原因になってしまいます。

乾燥していると様々な肌トラブルに見舞われやすくなり、化粧品などを使用すると、肌がヒリヒリしたりと色々なトラブルが起こります。

肌に発生するほとんどの肌トラブルは、乾燥が原因となっている場合が多いので、普段から対策を講じておくようにしましょう。

お肌の表側は、角質層でカバーされています。角質層の働きが十分に機能するような、肌のコンディションにしておきましょう。

水分不足の肌の角質層は、個々の細胞が小さいままで、隙間が大きく、十分な保湿力を維持できません。

角質細胞の間に隙間ができた状態になるとキメが粗くなって、色ツヤがなくなり、見た目もくすんでしまいます。

細胞間の隙間に紫外線が差し込むと肌の奥に入り込み、シミやそばかすが出来やすくなるので、注意しましょう。

大気の汚れや化粧品の化学物質なども、肌の奥まで届いてしまい、様々な肌トラブルの原因となります。

肌の表面にある角質細胞は様々な刺激から守るバリア機能があるので、肌が乾燥してしまわないように日頃から気を配ることが重要です。

保湿クリームなどで肌を多い、乾燥から守ったり、外部からの刺激が届かないようにしておきましょう。

乾燥している肌に水分をプラスすることで、肌トラブルを未然に防ぎ、きれいな肌を保ちましょう。