2019/08/12 13:51

この頃、バストサイズを手軽にアップするために、プチ豊胸を行う女性がふえています。


どのようなことをするのでしょう。

プチ豊胸では、メスを使わずに豊胸手術を行います。

皮膚を切開せず、プロテーゼなどを挿入して胸のサイズを大きくします。

オーソドックスなプチ豊胸が、ヒアルロン酸の注入です。

体の組織が円滑に稼働するように使われているものがヒアルロン酸で、

人体には一定量が存在します。

プチ豊胸では、極細の注射針でヒアルロン酸を注射します。

メスを用いない手術なので、切除や縫合の痕跡が残る心配はありません。

胸のサイズだけでなく、形を変えることもできます。

アレルギーの危険性も低く、30分程度で終わることもプチ豊胸の利点です。

プチ豊胸を使えば、様子を見ながら少しずつのバストアップも可能です。

ただし、体内に注入されたヒアルロン酸は、時間の経過と共に吸収分解されます。

一旦は大きくなったバストでも、2、3年後には施術前の状態になります。

大きいままのバストにしていたい人は、数ヶ月おきにプチ豊胸施術を受けて、吸収された分を補います。

ずっとバストが大きい状態ではないために、結婚式のような特別な行事のためにプチ豊胸をする人もいます。

美容整形外科のカウンセリングではプチ豊胸について聞けますので、受けてみたい人は行ってみるといいでしょう。