フォトフェイシャル治療の方法について | JBCショップ

JBCショップ は、現在準備中です。

2019/08/12 13:59

フォトフェイシャルの方法や内容は、どの医療施設で受けるかや、


カウンセリングの内容で変わる場合がありますので、治療内容の確認が必要です。

どのような治療手順で、フォトフェイシャルの施術は行われるでしょう。

はじめて治療を受ける時には、必ず事前にカウンセリングを受けるようにしましょう。

カウンセリングを受けて、体のどの部分が気になるのか、前もってよく話をしておきましょう。

フォトフェイシャルを施す時には化粧を落として素っぴん状態になる必要がありますが、

医療施設に行く時はメイクをして行っても何も問題はありません。

フォトフェイシャル治療は、照射する時に、ゴムではじかれたようなパチっとするような痛みを感じる時もあります。

100回~200回に分けてフォトフェイシャルの光を照射します。

照射回数は体質や、器機の性能によっても違います。光を照射した直後の皮膚は刺激に弱い状態になっています。

冷タオルなどを貸してもらえるのでそれを皮膚に押し当てます。

特に、痛みなどが無ければ少し休んだ後に、メイクをして帰宅する事ができます。

治療した日にはシャワーを浴びる事も可能で、普段の生活に戻ることができます。

フォトフェイシャル治療を受けた場所が、徐々にかさぶたになってきます。

かさぶたができたら、無闇に刺激せずにそのままにしておきましょう。

フォトフェイシャル施術から1週間くらいで自然に剥離します。

フォトフェイシャル治療は他の治療に比べて簡単に受けることができるので多くの人が利用するようになってきています。