2019/08/12 14:08

お肌にあるしみを薄くしたいと思っていて、様々なスキンケアを片端から試しているというような人もいます。


顔にしみができると隠すことが困難ですので、人目が気になるようになります。

しみの治療効果があるレーザー光を皮膚に照射するというやり方が、最近では美容クリニックなどでは行われています。

どんな治療方法がしみに対して有効なのかは、お肌にできたしみの要因を突き止める必要があります。

紫外線の影響で肌に炎症が起き、そのせいでしみができてしまったという場合には、レーザーでの治療が効果を発揮します。

ただし、場合によってはしみが皮膚に濃く出過ぎていて、レーザーを用いても完全には除去できないこともあります。

まずはしみの症状を診察し、それからカウンセリングを経て、しみの治療方針を確認します。

カウンセリングでは、まずお肌のしみをチェックして、どんな治療が有効かを見極めていきます。

しみ治療としてどんな方法を選択するかをはっきりさせて、

わからない点や気になる点を確認する作業も、カウンセリングで行います。

美容クリニックでしみ治療を受ける時には、これから先、しみを濃くしないためにすべきことも確認しておきます。

しみ治療を行うのに適した季節は、紫外線があまり強くない時であり、春先や、夏はあまりいいシーズンとはいえません。

レーザー治療を受ける時には、時節も考え合わせるようにするといいでしょう。