2019/08/12 14:12

皮膚は、表皮と真皮そして皮下組織の3層から形成されており、それらの層の下に脂肪と筋肉が存在しています。


若い頃の肌には弾力があり、たるみとは無縁の状態ですが、年齢と共に徐々に肌の老化は進んでいきます。

若いうちは皮膚の内部において、細胞の分裂が活発に行われており、新陳代謝が頻繁に繰り返されています。

肌の細胞が活発な状態であるからこそ、柔軟性と弾力性を兼ね備えた肌をキープできているのです。

ですが、20歳を越えるころから肌のみずみずしさは徐々に失われていき、たるみや、しわが多くなってきます。

年を重ねた時に肌が変わらないようにすることは困難ですが、老化度合いをゆっくりにはできます。

肌の老化による顔のたるみをできるだけ予防するには、紫外線を浴びないことが最も効果的です。

コラーゲンなど肌の状態を改善させる栄養素をしっかりと摂取することも大切です。

肌の新陳代謝やターンオーバーなどの働きを正常な状態で維持するには、しっかりと眠ることが重要です。

顔の筋肉をよく動かすエクササイズを日課として取り入れることも、肌の老化防止には効果的です。

表情筋を強化することによって、たるみを解消する作用がありますし、表情の幅も広がって、若さがみなぎるようになります。

顔のたるみを改善するためには、深く思い悩まず、ストレスを上手に発散することも大事です。