くすみとしみを食事や生活習慣で改善をする方法 | JBCショップ

2019/08/12 14:15

紫外線に長時間さらされると、皮膚にはメラニン色素が生成されるようになり、くすみやしみとなって残ることがあります。


一度できたメラニン色素によるしみやくすみは、皮膚のやや深い部分にありますので、しばらく留まります。

紫外線から皮膚を守ることや、美白美容液によるケアも大切ですが、体の内面からのアプローチも欠かせません。

紫外線だけではなくニキビ跡や肌荒れが起きることによる刺激によって、メラニンが生成されて、くすみやしみの原因にもなります。

肌の新陳代謝を促進し、古くなった皮膚を除去して新しい皮膚が表層に出てくるようにすることが、美白のポイントです。

身体改善による美白ケアを行うなら、まず日々の食事内容を改善しましょう。

肌にできたしみやくすみを減らすためには、抗酸化成分が豊富な食べ物を優先して食べることです。

最近は、抗酸化成分を配合したサプリメントも販売していますので、食事だけでは不足している栄養を補うというやり方もあります。

日々の食事を改善したいけれど、多忙や食環境の関係で実行が難しいという人は、サプリメントを使うといいでしょう。

くすみはしみは中々改善されにくいものですが、あきらめずに長い目で続けることが大切です。

しみやくすみが今以上に多くならないように配慮しながら、日々のお手入れを続けることが、美白ケアにつながります。

みずみずしい白い肌になれる日を目指し、できることを一つ一つ取り組んでいくことが、くすみやしみ対策になります。