2019/08/12 14:34

健康で若々しい肌をキープするためにスキンケアに余念がない人は多いですが、他にも若返りの方法があります。


肌細胞をつくっているのは体の中にある器官ですので、身体内部から肌を健康にするためのケアもできます。

若返り効果が期待できる栄養素を含むものを、積極的に食べるのもいい方法です。

ポリフェノールは、若返り効果が期待できる栄養素だと言われています。

ポリフェノールはブルーベリー、リンゴに含まれることで知られていますが、実は大豆や緑茶などにも含まれています。

ポリフェノールは、強い抗酸化力を持っていることから、若返りに役立つと言われています。

抗酸化力とは、体内の活性酸素が増えないようにする力です。活性酸素が多くなると身体は老化し、肌も老けやすくなります。

肌のシミをつくっているメラニンは、リンゴに存在するポリフェノールの補給で目立たなくできます。

活性酸素の増加を防ぐことがポリフェノールの主な作用ですが、米ぬかのポリフェノールは、

紫外線を吸収し肌を白く保つ効果があるといいます。

大豆に含まれるポリフェノールに大豆イソフラボンがありますが、女性ホルモンに似た働きがあります。

お茶の成分でもあるタンニンは、肌を引き締める収れん作用があるため、化粧品にもよく含まれている成分です。

若返り効果を期待して、お肌にいい成分や、

健康にいい成分を摂取して身の健全さを維持することは、基本的な方法であるといえます。