2019/08/12 14:39

日焼けを紫外線によるものから避けるためには、方法がいろいろとあります。


最も一般的な方法は、日焼け止めクリームや紫外線対策グッズの活用です。

クリームやオイルが多い日焼け止めは、紫外線吸収材と、紫外線散乱剤などを配合したものです。

紫外線吸収剤の役割は、熱エネルギーに紫外線を一旦吸収してから放出するというものです。

紫外線が直接肌に当たらないように、紫外線散乱剤は反射させるのに効果的です。

2層タイプの日焼け止めの場合には、使用するまえによく振るようにしましょう。

隅々に塗ってから、同じ量を重ねづけすると、顔には有効です。えり足や首、耳にも忘れないように使用しましょう。

肌に直接紫外線が当たらないように、サングラスや日傘、帽子などを活用しましょう。

肌に近い位置を保つことが大切な日傘は、なるべく柄を短く持つような工夫をしましょう。

サングラスは、色が濃すぎると目の瞳孔が開きやすくなるため、UVカット加工がされている、色の薄いものがおすすめです。

日焼け対策には、長ズボンや手袋などの肌の露出をあまりしない服装も有効です。

案外気温がそれほど高くなくても、空が澄み、雲が少ない晴れた日は多くの紫外線が注いでいることがあります。

可能なら外出を避けるなどの心がけも、紫外線の強い時間帯はすることが大切です。

日焼けの原因となりますので、窓から差し込む光に含まれている紫外線にも注意しなければなりません。