2019/08/12 14:50

肌に塗る日焼け止めは体の外側のケアですが、食事によって体の内側から日焼け対策するをする方法もあります。


多くの人が、日焼けどめクリームをつけることで紫外線対策を行っています。

紫外線対策として日焼け止めクリームをつける場合、ある程度時間がたったら塗り直さなければ紫外線予防になりません。

紫外線を遮る力が強い日焼け止めも販売されていますが、

皮膚への刺激が大きいため、敏感肌の人は避けたほうがいいでしょう。

家の外で行動する日と、家からあまり出ない日とでは、それぞれ別の日焼け止めクリームを使うといいようです。

海やプールなど水で濡れるようなら、ウォータープルーフの日焼け止めで対策をすることがおすすめです。

さらに、体の外側からの対策だけでなく、内側からも対策をするとより効果的です。

ビタミンCは、肌を黒くするメラニン色素の生成を防ぐ効果があります。

皮膚が紫外線を受けるとメラニン色素を生成して日焼けの症状を起こしますので、

日焼けをしないようにするにはビタミンCの摂取が効果を発揮します。

多めに摂取しても、ビタミンCは水に溶け出して汗や尿と共に体から出ていってしまいます。

毎日少しずつ、必要量を補給することが重要です。日焼けから肌を守るには、

ビタミンCを含むものを日々摂取するよう心がけましょう。

ビタミンCのサプリメントを利用すれば時間や場所を気にすることなく摂取できるので、

日焼け対策をひとつの方法としておすすめです。