2019/08/12 14:55

紫外線を防止するための対策方法というと、日焼け止めを塗ることを最初に考えることと思います。


この他、紫外線を防止する方法としては、日傘、帽子、サングラスなどを身につけるというやり方があるといいます。

陽射しがだんだんと強くなると、化粧品販売店やドラッグストアでは、

日焼け止め効果のあるクリームをよく売るようになります。

日焼け止め効果といっても、クリームの性能は一律ではありませんので、

外出時間帯や、陽射しの強さなども合わせて考慮することです。

SPFとPAという考え方が日焼け止めクリームにはありますので、事前に見ておきましょう。

まずSPFというのは、紫外線のB波を防止するための成分であり、

このSPFの数字が高ければ高いほど、紫外線B波を防止する効果があります。

だからといって、紫外線の防止する力が強いクリームばかりをつけていると、肌荒れの原因になる場合もあるようです。

どのくらい家の外で活動しているかによって、SPFが違う日焼け止めクリームを使うのも、お肌のためになるものです。

日焼け止めクリームを選ぶ時には、SPFだけでなく、PAもチェックするようにするといいでしょう。

PAは、紫外線A波に対してどれだけの効果があるかを示しています。紫外線A波は、しみやしわの原因になっています。

PAは大きく分けて4づてす。海や山に行く時など、強い陽射しを浴びる日や、

普段どおりの生活をしたいという人が使う日焼け止めクリームです。

紫外線防止クリームは、汗で落ちることもあるので、小まめに塗るようにする事が大切です。