2019/08/12 16:05

最近は、レーザーを利用した家庭用美顔器が注目されていますが、本来レーザー施術は医療施設のみで扱えるものです。


医療機関で使うレーザー施術のような高出力のレーザーではなく、

ごく低い出力にすることで、家庭で使えるような美顔器が開発できました。

レーザー治療は、光による治療に比べてパワーが強く、シミやそばかすにピンポイントで働きかけてくれる特徴があります。

家庭でレーザーを使った美容施術に相当するスキンケアができることは非常に望ましいことであり、

多くの人が美肌のために使っています。

家庭用美顔器はレーザーの出力が低く抑えられていますが、しみ解消効果は期待できるでしょうか。

お肌のくすみが薄くなり、肌が全体的に白くなったという口コミ評価も投稿されています。

家庭用美顔器を数週間使い続けたことで、たんだんとしみが消えて肌が白くなってきたという人もいるようです。

しかし、全ての人が満足しているわけではなく、

中には美顔器を使っているけれどお肌の変化がよくわからないという方もいます。

レーザー美顔器を使い続けるうちに、しみが濃くなってきたという人もおり、

しみの状態が悪くなったケースもあるようです。

しみが濃くなるのは、肌の代謝が美顔器の効果で活発になったことで、

奥にあったしみの色素が表面に出てきたせいだといいます。

濃くなったしみがあるからと美顔器の使用をやめてしまったという人もいますが、

これは本来の働きどおりの結果といえます。

その時はしみが濃く見えたとしても、その後は白い肌と交代することができますので、

レーザー美顔器を継続して使いましょう。