2019/08/12 16:06

メタボリック症候群を予防するためには、食べ物のコントロールだけでなく、運動も大事です。


メタボリック症候群の予防にいい運動は、

軽い運動を長時間続けたり、筋肉量を増やして新陳代謝を上げられる運動をすることです。

体内で蓄積されていた脂肪分を消費するためには、

1日の消費カロリーが多くなるよう積極的に運動をして、代謝を上げることです。

毎日の生活リズムを損なわない範囲で、運動をするようにしましょう。

エスカレーターやエレベーターより階段を使うようにしたり、電車やバスの移動距離を短くしてその分歩いたり、

普段から活動量を増やすようにすることが内臓脂肪の減少に効果を発揮します。

運動を積極的に行い、習慣として定着させましょう。

運動によってメタボリック症候群の予防をするのであれば、

ジョギングやウォーキング、サイクリング、水泳などがおすすめです。

無酸素運動は筋肉への負荷がかかりますが、脂肪の燃焼効果はあまり高くありません。

適度な有酸素運動を続けることで、脂肪の燃焼を促すことが可能です。

1日の活動に必要なエネルギーを多くするだけでなく、代謝アップ効果も運動には期待できます。

リバウンド予防や、ダイエット効率のアップのためには、基礎代謝を少しずつ上げることです。

スクワットや、腕立て伏せで筋肉を強化し、基礎代謝を上げようとする人もいます。

習慣になるくらい日々の運動をすることで、メタボリック症候群の予防が可能です。