2019/08/12 16:36

最近話題になっているのが手ぬぐいと石鹸だけを使った洗顔方法です。


石鹸での洗顔と、手拭いの利用を組み合わせたやり方は、気持ちよく洗顔ができるだけでなく、お肌にもいいとされています。

日本手ぬぐいを使って自然な角質ケアをしながら洗顔ができるからです。

手ぬぐいでの洗顔方法は江戸時代から行われてきたもので、日本人の肌に合っているといわれています。

肌のくすみが改善し透明感がアップしたり、化粧水などの浸透力が良くなるといった効果もあります。

石鹸を使った洗顔に必要なものは、石鹸、泡立てネット、手ぬぐいです。

買ったばかりの手ぬぐいなら、まず水にひたします。

クレンジングはせずに、顔をぬるま湯で濡らします。

メイクは手ぬぐいでゆっくりと抑えるように上から下へ拭き取るようにします。

静かな動きで、メイクを優しく取り除きます。終わったら、石鹸を使った洗顔ケアをします。

泡だてネットでしっかりと石鹸を泡立てて、顔全体を洗いましょう。

石鹸の泡をくるくる回すようなイメージで洗うのがおすすめです。

あとは丁寧にすすぎ完了です。

週に1度は顔全体を手ぬぐいでごく軽くこすると良いでしょう。

手ぬぐいは染料のない白いもので、新品は使わないようにします。

洗濯機で洗わないこととアイロンをあてないことも大切です。

クレンジング剤や洗顔料を使うとお金がかかりますが、石鹸と手ぬぐいなら安価で肌の手入れが可能です。