2019/08/12 21:57

効果的にメタボリック症候群を予防するためには、カロリーを摂り過ぎないこと、体を動かすことです。


精神的なイライラをため込まないことも必要です。

高血圧、糖尿病、高脂血症の症状がストレスで引き起こされたり、食欲向上や肥満に関わったりもします。

規則正しい生活リズムで毎日を過ごすこと、運動不足を解消すること、ストレス源を減らしたり、ストレス解消に努めることです。

メタボリック症候群とストレスは全く関係がないかのように感じる人もいますが、内臓脂肪とストレスは関わりがあります。

暴飲暴食の引き金がストレスにあったという話は珍しくありませんが、

過剰なストレスを受けると食事で発散する人がいます。

食欲を司る脳の部分が、ストレスの影響で活発に稼働するようになるために、

ストレスが増せば食べたくなるのは自然なことです。

生活リズムが一定に保たれていない多忙な日々を送っているとストレスがたまりやすく、

食習慣の乱れはメタボリック症候群を助長します。

心地いい睡眠を阻害するのがストレスです。

よく眠れていないと、食欲が強くなります。

睡眠不足から、食欲ホルモンの機能が高くなってしまうためです。

メタボリック症候群の予防のためには、生活習慣を見直すなどして、睡眠時間を確保しましょう。

食事の内容を改善して、食習慣と生活リズムを健康的なものにし、

眠りの内容を向上させることによって、メタボリック症候群の予防が可能になります。