紫外線が肌によくない理由 | JBCショップ

2019/08/13 18:14

美肌のためには紫外線予防が重視されますが、紫外線は肌にどんな作用があるのでしょう。


肌に紫外線が照射されると、どんな作用があるものなのでしょう。

太陽の光には、常に紫外線が含まれています。

太陽の光を浴びている時は、常に紫外線も浴びていると考えていいでしょう。

太陽から降り注ぐ光の中には、目に見える可視光線だけでなく、紫外線と赤外線も常に存在しています。

可視光線以外の光は両方とも視認することはできませんが、波長の長短で紫外線と赤外線に別れます。

紫外線は、さらに紫外線A波と紫外線B波と紫外線C波という、三種類の波長に分類されます。

紫外線C波は、UVCともいいます。オゾン層で吸収されるため、大気圏を越える可能性を考える必要はありません。

けれども、紫外線C波を吸収していたオゾン層が減少していると言われていることから、いつか状況が変化するかもしれません。

肌に赤外線が当たっても、直接的な害はありません。

しかし、赤外線て肌の表面温度が上がると、紫外線の影響を受けやすくなります。

赤外線の作用で、紫外線が肌にダメージを与えることもあるようです。

お肌を紫外線から守るためにも、紫外線を浴びる機会をできるだけ少なくすることが大事になります。