美肌のためには肌に合った保湿クリームを選ぶ方法 | JBCショップ

JBCショップ は、現在準備中です。

2019/08/15 13:43

保湿クリームを塗ったり、保湿成分を皮膚に浸透させて肌の保湿力を高める時には、肌に合うやり方でケアをすることです。


肌タイプや、他の基礎化粧品との組み合わせによっては、保湿クリームを使わない方が肌にいいという場合があります。

保湿クリームには多くの油分が含まれていますが、

乳液など油分のあるものを使っていればそれ以上はいらないことがあります。

また、過度に保護しすぎると肌本来の働きが低下してしまうので、注意が必要です。

化粧水や美容液をつけただけでは油分が不足している時には、保湿クリームをつけるといいでしょう。

保湿クリームの使用に適している状態とは、化粧水や美容液で美肌成分を皮膚に浸透させても、

油分が足りなくて何らかの方法で増やしたいという時であり、皮膚の水分維持に役立ちます。

肌を形成する細胞と細胞の間に隙間があると水分が逃げて生きやすいので、

その隙間をなくすための細胞間脂質が保湿成分として有効です。

皮膚が乾燥する理由は、洗顔のやりすぎや、洗浄力の強すぎるクレンジング剤の使用、年齢による影響等があります。

細胞間脂質として知られる成分はセラミドですが、

水分を保持する力も強いために、肌の保湿効果を高めるものであるといえます。

セラミドは脂溶性成分なので、保湿クリームによって肌に与えることが適しています。

保湿化粧品に含まれているセラミドは、

動物セラミド、植物セラミド、ヒト型セラミド、疑似セラミドなど様々です。

どの保湿クリームを購入するか迷った時には、

肌との親和性がよく浸透力があるヒト型セラミドが使われているものがいいでしょう。