肌だけでは無い紫外線を防止した方が良い理由 | JBCショップ

JBCショップ は、現在準備中です。

2019/08/15 14:10

太陽の光に含まれている紫外線は、皮膚だけでなく目にも影響を及ぼしますので、対策が重要になります。


皮膚を紫外線から守るために予防策を講じる人は多いですが、目を紫外線から守っていない人もいます。

日頃から、紫外線を目に受けることがないように気を配っておくことで、白内障の予防に効果を発揮するようになります。

自覚症状としては、白内障になると視力が大幅に下がります。目の水晶体が濁ることで起きる症状です。

水晶体とは、人間の目の中にある外から入ってきた光を屈折させて

網膜に像を映す組織でカメラのレンズに相当する働きがあります。

水晶体に濁りが生じると目でものがよく見えなくなりますので、紫外線が目に到達しないように注意をすることは大事です。

皮膚が紫外線の悪影響を受けないようにすると共に、瞳が紫外線で日焼けしないように配慮することが重要です。

眼球を日焼けさせないためには、サングラスを用いたり、紫外線カット用の防止を着用することです。

紫外線が皮膚に到達しないようにするには、屋外で活動をする日は日焼け止めのクリームなどを使うといいでしょう。

肌が乾燥し、老化したように見える理由は、何度も日焼けをして、肌が影響を受ける行為を繰り返すことです。

いわゆる光老化といわれるものですが、

老化した皮膚がもとに戻るのはかなり困難になることが多いので、しっかり対策しましょう。

時間に余裕かない時ら紫外線防止にクリームをつける作業は面倒かもしれませんが、

普段から気を使っておくようにしましょう。