紫外線を防止するための対策が必要な理由 | JBCショップ

JBCショップ は、現在準備中です。

2019/08/15 14:34

肌を紫外線から守る必要性が高いのは、年間通じていつ頃でしょうか。


春から夏の終わりにかけてが紫外線への備えが必要な季節だといいますが、

冬から春の境目のころも、もう紫外線が肌に及ぶ影響が大きくなっています。

紫外線に対して肌が弱いという人は、天気のよくない日でも、冬のさなかでも、紫外線対策が大事です。


紫外線対策を行う時には、対策を怠っていると具体的にどのような害が体に及ぼすのかを理解しておくことが大切です。

紫外線は、皮膚の日焼けの原因になります。日焼けが肌に及ぼす悪影響を理解する人は大勢います。

強い紫外線を照射されると、人間の皮膚はメラニン色素が生成されて肌が黒くなります。

これによって、紫外線が皮膚を透過しづらくしているのです。

日焼け止めグッズが盛んに売り出されているのは、外見のためだけでなく、日焼けを食い止め肌の健康を保つためです。

紫外線による日焼けが原因で、皮膚がんの症状が現れるという例は少なくありません。

人体は、もともと壊れた部位を直す働きを持っていますので、多少のダメージ程度なら元通りにすることができます。

ですが、浴びる紫外線の量があまりに多いと修復が追いつかず、

傷ついた細胞によって作られた皮膚ががんの元になる可能性があるのです。

皮膚がんにならないようにするには、紫外線から肌を守ることが大事になってきます。

日焼けなどで肌を傷めないように、強い紫外線からは肌をガードする習慣をつけたいものです。